» キャリコン【19回受験生専用】情報&交流広場がOPENしました! «

【重要】キャリア理論の学習優先順位トップまとめ【キャリコン】

学習優先順位トップまとめ

キャリアコンサルタント学科試験で合格するには50問中35問(70%)の正解が必要になります。

その点数を稼ぐための効率的な手段として、各科目において出題率の高い問題から優先順位を設定して覚えていくという方法があります。出題率が高いイコール35点確保のための得点源になりやすいからです。

僕は学科試験対策を過去問中心に組み立てていたので、頻出問題をチェックしながら優先順位を決めて、インプット(学習)→アウトプット(練習問題)を繰り返しました。

本記事では、過去問の傾向から、キャリア理論に関する優先順位トップクラスの絶対に抑えておきたい理論と提唱者をまとめています。

絶対に抑えておきたい!学習優先順位トップクラスの理論と提唱者

パーソンズ

  • 特性因子理論
  • ペグの理論
  • マッチング理論

職業指導の創始者パーソンズについてのポイントは下記記事にまとめています。

意外と難易度が高めの問題もありますが、しっかりインプットしておきましょう。

【キャリコン】パーソンズの特性因子理論【3要素と7段階の支援】
キャリアコンサルタントの勉強を始めると早い段階で学ぶことになる職業選択理論で有名なフランク・パーソンズ(Parsons.Frank)ですが、特性因子理論は試験にも多く出されているので要チェックです。 本記事では、そんなパーソンズと特性...

ホランド

  • 六角形モデル(RIASEC)
  • スリーレターコード
  • 職業分類辞典(DOT)
  • VPI職業興味検査

六角形モデルで有名なホランドについてのポイントは下記記事からどうぞ。

【キャリコン】ホランドの職業心理学【RIASECとスリーレターコード】
六角形モデルで有名なジョン・L・ホランド(John.L.Holland)ですが過去の試験にも多く出されているのでしっかり勉強していきたいと思います。 本記事では、そんなホランドと六角形モデルやスルーレターコードなどのポイントをまとめて...

スーパー

  • 自己概念
  • ライフキャリアレインボー
  • 14の命題
  • 5つのライフステージ
  • ライフロール(9役割)
  • マキシサイクルとミニサイクル

スーパーは覚えることが多いので2分割してまとめています。

また、スーパーも難易度が高い問題が出題されることがあります。キーワードとの関連性を学習した上で、練習問題に挑戦してください。

【キャリコン】スーパーの自己概念と14の命題【2つの特徴とは】
ドナルド・E・スーパー(Donald.E.Super)に関しては覚えておきたいポイントは非常に多くなっています。 自己概念 マキシサイクルとミニサイクル 14の命題 ライフキャリアレインボー アーチモデ...
【キャリコン】スーパーのライフキャリアレインボー【5つのライフステージ】
ドナルド・E・スーパー(Donald.E.Super)の覚えておきたいポイントは非常に多くなっており、前後編に分けてまとめています。 自己概念 マキシサイクルとミニサイクル 14の命題 ライフキャリアレインボ...

シャイン

  • キャリアアンカー
  • キャリアサバイバル
  • 組織内キャリア発達論
  • キャリアコーン(組織の3次元モデル)

覚えることが多めのシャインですが、1.2を争う出題率になっています。

シャインの理論に関するまとめは下記記事になりますので、しっかりポイントを抑えておきましょう。

【キャリコン】シャインの理論【キャリアコーンとキャリアアンカー】
エドガー・H・シャイン(Schein.E.H)に関しても覚えておきたいポイントが多くあります。 組織内キャリア発達論 キャリアコーン(組織の3次元モデル) キャリアアンカー キャリアサバイバル キャリア...

ギンズバーグ

  • ギンズバーグの発達理論
  • 理論の修正

ギンズバーグって誰?ってなる方もおられると思いますが、実は出題率はかなり高くなっています。

ギンズバーグの発達理論と職業選択の3つの発達段階についての記事は下記になります。

【キャリコン】ギンズバーグの職業選択『発達3段階』【理論の修正】
職業選択には長い年月を通じての発達過程が見られることに着目し、理論化したエリ・ギンズバーグ(Ginzberg,E.)ですが、研究の途中で理論を修正していることがポイントになります。 本記事では、そんなギンズバーグの発達理論と職業選択の...

サビカス

  • キャリア構築理論
  • 職業的パーソナリティ
  • キャリアアダプタリティ
  • ライフテーマ
  • キャリア構築インタビュー

サビカスもトップクラスの出題率になります。特に、キャリア・アダプタリティの『関心・統制・好奇心・自信(か・とう・こう・じ)』は要チェックです。

サビカスのキャリア構築理論やキャリア構築インタビューについては下記記事にまとめています。

【キャリコン】サビカスのキャリア構築理論【インタビューとは?】
学科試験でもマーク・L・サビカス(Savickas,M.L.)の出題率はかなり高くなっています。 特にキャリア・アダプタリティ、キャリア構築インタビューはよく見かけるので要チェックになります。 本記事では、そんなサビカスのキャリ...

ホール

  • プロティアン・キャリア(変幻自在なキャリア)
  • 伝統的キャリア

ホールのプロティアン・キャリア(変幻自在なキャリア)と伝統的キャリアの比較表を下記記事に用意していますので、そちらで違いを確認しておいてください。

【変幻自在】ホールのプロティアン・キャリアとアダプタリティまとめ
プロティアン・キャリアで有名なダグラス・ホール (Douglas T. Hall)ですが、 アイデンティティ アダプタビリティー といった重要なキーワードもあります。 本記事では、そんなホールの理論『プロ...

ハンセン

  • 統合的生涯設計
  • 4L

4Lやキルト、ジェンダー問題やダイバーシティなどの重要なキーワードがあります。個人的にも好きなハンセンの理論、統合的生涯設計と4Lのまとめ記事は下記になりますので、学習しておいてください。

【キャリコン】ハンセンの統合的生涯設計理論【4Lと6課題が重要】
統合的生涯設計で有名なL・サニー・ハンセン(Hansen,L.Sunny)ですが、ライフキャリアという考え方が僕は好きです。 現代にもマッチした理論で、学科試験にもよく出題されているのでしっかり勉強したいと思います。 本記事では...

エリクソン

  • 8段階のライフサイクル論・発達課題
  • アイデンティティ

エリクソンの発達段階や発達課題は全部覚えるのは、なかなか大変かと思います。

まずは、頻出の青年期を抑えて、成人初期、老年期と学習しておくと良いでしょう。

【キャリコン】エリクソンのライフサイクル理論【アイデンティティ】
心理社会的発達理論のエリク・H・エリクソン(Erikson,E.H)は、ライフサイクル理論とアイデンティティという概念を提唱しています。 青年期のアイデンティティの危機は過去の試験にも頻出ですので要チェックです。 本記事では、そ...

シュロスバーグ

  • 人生の転機・トランジション
  • イベント・ノンイベント
  • 4S点検(リソースの点検)
  • 成人の発達の決定的要因

実は1.2を争う出題率のシュロスバーグですが、中でも4S点検に関する問題が多くなっています。『状況・自己・支援・戦略』の4Sは必ず覚えておきましょう。

【キャリコン】シュロスバーグの成人の発達【4S点検の重要性】
ナンシー・K・シュロスバーグ(Shlossberg.N.K.)は急速に発達する社会で起こる様々な人生上の出来事(イベント・ノンイベント)をトランジション(転機)をとして捉えました。 その際に、よりよいキャリア形成へ進むための対処法に4...

ブリッジス

  • 終焉
  • ニュートラルゾーン
  • 開始

出題率は高めですが、覚えるべきポイントはトランジションの3つのサイクルになります。覚えやすい理論になるので、抑えておきましょう。

【キャリコン】ブリッジスのトランジション【終焉と中立圏と開始】
ウィリアム・ブリッジス(Bridges,W.)は『転機(トランジション)の始まりは何かが始まるときではなく、何かが終わるとき』と提唱しています。 そして、その始まりと終わりの間をニュートラルゾーンとして、キャリア転換時に上手くマネジメ...

レビンソン

  • 発達段階説
  • 4つの発達期
  • 人生半ばの過渡期

レビンソンは人生の発達段階を四季になぞらえましたが、中でも『人生半ばの過渡期』に関する出題が多くなっています。

他の発達段階説と混同しないようにインプットしていきましょう。

【人生の四季】レビンソンの発達段階説【人生半ば(中年)の過渡期】
ダニエル・J・レビンソン(Levinson,D.J)は人の発達を安定した安定期と各段階の境目の過渡期を繰り返しながら発達すると考えました。 そしてこの過渡期こそ自己のキャリアを質的にさらに新しく発展させる自己再生のための好機と見ていま...

バンデューラ

  • 社会的学習理論
  • 観察学習(モデリング)
  • 自己効力感

バンデューラはモデリング自己効力感に関する問題が多いかと思います。僕はモデリングの過程と順番は『注保運動』と覚えました。

【キャリコン】バンデューラの社会的学習理論【自己効力感の高め方】
自己効力感で有名なアルバート・バンデューラ(Albert.Bandura)ですが、キャリア形成に重要なことだと感じています。 本記事では、そんなバンデューラの社会的学習理論と自己効力感についてまとめています。 社会的学習理論(社会認...

クランボルツ

  • キャリア意思決定
  • 計画された偶発性(プランドハプンスタンス理論)

計画された偶発性はインパクトもあって人気な理論です。その5つのスキルはしっかり覚えておきましょう。下記記事で、強引ですが僕なりの語呂合わせを紹介しています。

【キャリコン】クランボルツの計画された偶発性理論【5つのスキル】
ジョン・D・クランボルツ(Krumboltz.J.D)の計画された偶発性(プランドハプンスタンス理論)は学科試験にもよく出題されています。 そして個人的に好きな理論にもなります。 本記事では、そんなクルツボルツの計画された偶発性...

ジェラット

  • 連続的意思決定プロセス
  • 積極的不確実性(肯定的不確実性)

個人的に好きな理論になります。好きな理論は覚えやすいので、どんどん増やしていくと学習の効率が上がります。

ジェラットの前期・後期理論は下記記事にまとめています。

【キャリコン】ジェラットの意思決定理論【積極的不確実性の重要性】
意思決定論のハリィ・ジェラット(Gelatt.H.B)ですが、前期の連続的意思決定プロセスと後期の積極的不確実性を主要概念とする理論があります。 テストでよく見るのは意思決定ですが、両方覚えておきたいところです。 本記事では、そ...

マズロー

  • 職務満足理論(動機づけ理論)
  • 欲求5段階説

欲求5段階説は要チェックです。また他の職務満足理論と合わせて、引っ掛け問題も出題されるので、職務満足理論についても学習しておくと盤石です。

【キャリコン】マズローの欲求段階説【5段階のピラミッド】
アブラハム・マズロー(Maslow,A.H)の理論は木村周先生のキャリアコンサルティング理論と実践では組織キャリア諸理論の職務満足理論の項目で少しだけ取り上げられています。 本記事では、そんなマズローの理論で試験にも関係のある欲求段階...

ハーズバーグ

動機づけ衛生理論(2要因理論)

こちらも職務満足理論ですが、過去問を確認すると意外と出題されています。動機づけ要因と衛生要因の特徴を掴んでインプットしておきましょう。

【職務満足】ハーズバーグの動機づけ衛生理論【2要因理論】
職務満足理論のフレデリック・ハーズバーグ(Herzberg,F.)の動機づけ衛生理論は職務満足や不満足を規定する要因は2つあると提唱しており、2要因理論とも呼ばれています。 本記事では、そんなハーズバーグの2要因理論についてポイントを...

 

レヴィン

レヴィン青年期を、「周辺人・境界人(マージナルマン)」といった表現をしています。出題率は高くはないですが、覚えることが少なく特徴的なので余裕があれば学習しておきましょう。

  • 周辺人・境界人
  • Tグループ

Tグループは、グループ・アプローチの問題で出題されることがあります。

【キャリコン】レヴィンの周辺人と境界人とは?【Tグループの提唱】
クルト・レヴィン(Lewin,K.)もキャリアコンサルタント学科試験ではたまに出題されています。 本記事では、そんなレヴィンのポイントを簡単にまとめています。 周辺人・境界人(マージナルマン) レヴィンは、社会的に不安定な存在とし...

まとめ

こちらの記事でまとめた理論と提唱者は、高確率で何人かは出題されていますので、覚えておいて損はないです。

35点の得点源として、かなり重要なキャリア理論になりますので、しっかり学習しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました