» キャリコン【19回受験生専用】情報&交流広場がOPENしました! «

発達論・トランジション

発達論・トランジション

【キャリコン】マーシャの自我同一性地位【アイデンティティ・ステイタス】

マーシャ(Marcia,J.E)は、第4回キャリアコンサルタント学科試験と2級技能士試験で出題されています。 アイデンティティの形成に関する理論になりますので、エリクソンと混同しないようにインプットしておきましょう。 本記事では...
2021.08.08
発達論・トランジション

【キャリコン】職業発達理論に関するアプローチ【提唱者一覧】

職業発達理論は、個人のキャリア発達過程や発達段階に応じた課題解決を支援することがキャリア・ガイダンスの目的であるという理論になります。 スーパーやシャインが有名で、養成講座でも割と初期の段階で勉強されたかと思いますが、学科試験での出題...
2021.08.08
発達論・トランジション

【キャリコン】クラムの組織行動学【メンタリング理論とは】

組織行動学のクラム(Kathy.E.Kram)が提唱するメンタリング理論ですが、これまでのキャリアコンサルタント学科試験では出題はありませんが、頻出資料となっている、いわゆるJIL(ジル)資料に取り上げられていることから試験範囲であるといえ...
2021.08.08
発達論・トランジション

【キャリコン】ユングの発達理論【太陽の動きと人生の正午】

カール・グスタフ・ユング(Carl Gustav Jung)の発達理論で有名な人生の正午という言葉があります。 キャリアコンサルタント学科試験にはユングの登場回数はかなり少なくなっていますが、いつ出題されてもおかしくないかと思います。...
2021.08.08
発達論・トランジション

【キャリコン】サビカスのキャリアアダプタビリティ【4次元の覚え方】

サビカスのキャリア・アダプタビリティの4次元は学科試験でも頻出となっていますので、本記事では、そんなキャリア・アダプタリティが覚えやすいようにポイント等を抑えていきたいと思います。 キャリアアダプタビリティ4次元の覚え方 キャリア・アダ...
2021.09.16
発達論・トランジション

【キャリコン】ニコルソンのトランジションサイクルモデル【4段階】

ナイジェル・ニコルソン(Nicholson, N.)はトランジションを円環サイクル的なモデルとして捉えています。 キャリアコンサルタント学科試験でも何度か出題されていますので、混乱しないようにざっくりと覚えておきたい理論になります。 ...
2021.08.08
発達論・トランジション

【キャリコン】レヴィンの周辺人と境界人とは?【Tグループの提唱】

クルト・レヴィン(Lewin,K.)もキャリアコンサルタント学科試験ではたまに出題されています。 本記事では、そんなレヴィンのポイントを簡単にまとめています。 周辺人・境界人(マージナルマン) レヴィンは、社会的に不安定な存在とし...
2021.01.26
発達論・トランジション

【キャリコン】抑えるべき6つの発達理論【発達段階表有り】

発達段階は幾つか有るので混乱してしまい覚えるのが難しい印象です。ただキャリアコンサルタント学科試験にも出題されやすいので、外せない項目になっています。 そこで本記事では、そんなややこしい各発達理論と特徴などを一つづつまとめています。 ...
2021.07.07
発達論・トランジション

【キャリコン】ハヴィガーストの発達課題【6つの成長段階を解説】

もしかしたら、あまり聴き馴染みのないハヴィガースト(Havighurst,R.)ですが、過去の試験には3回ほど問題に出てきています。 名前だけの問題もあれば6つの発達段階や青年期の10項目の発達課題ついて出題されているものもあるので、...
2021.02.13
発達論・トランジション

【人生の四季】レビンソンの発達段階説【人生半ば(中年)の過渡期】

ダニエル・J・レビンソン(Levinson,D.J)は人の発達を安定した安定期と各段階の境目の過渡期を繰り返しながら発達すると考えました。 そしてこの過渡期こそ自己のキャリアを質的にさらに新しく発展させる自己再生のための好機と見ていま...
2021.01.22
タイトルとURLをコピーしました