» キャリコン【19回受験生専用】情報&交流広場がOPENしました! «

【キャリコン】レヴィンの周辺人と境界人とは?【Tグループの提唱】

発達論・トランジション

クルト・レヴィン(Lewin,K.)もキャリアコンサルタント学科試験ではたまに出題されています。

本記事では、そんなレヴィンのポイントを簡単にまとめています。

周辺人・境界人(マージナルマン)

レヴィンは、社会的に不安定な存在として、青年期を児童期と成人期とのあいだにはさまった時期であり、子どもの集団にも大人の集団にも属さない中間の存在であることから「周辺人・境界人」(マージナルマン)と呼びました。

周辺人とか境界人って変わったワードやなw!
まあワイは逆に人鳥(ペンギン)やけどな!

Tグループ(トレーニング・グループ)

Tグループとは、トレーニンググループの略称で、参加者相互の自由なコミュニケーションにより、人間的成長を目指すグループ・アプローチのことを指します。

具体的には、

  • 自己理解
  • 他者理解
  • グループダイナミックス
  • リーダーシップ

などに関して深い気づきを得る体験的な学習方法となっています。

発見初期の目的は、管理職等のリーダーシップの習得・人材育成でしたが、その後、集団療法としても普及しました。

まとめ

レヴィンのポイントは、

  • 周辺人・境界人(マージナルマン)
  • Tグループ

ですね。過去問の傾向からはこの2つがポイントと思われます。

レヴィンに関する練習問題を作成していますので、挑戦してみてください。

【キャリコン】クルト・レヴィンの試験対策『◯✕練習問題』
レヴィンに関する◯✕練習問題になります。 本記事の問題はキャリアコンサルタントの試験対策用に作っていますので、 全過去問の傾向 を主に参考にしているのと、問は随時追加していこうと思っています。 では◯✕練...

コメント

タイトルとURLをコピーしました