» キャリコン【19回受験生専用】情報&交流広場がOPENしました! «

【キャリコン】クルト・レヴィンの試験対策『◯✕練習問題』

キャリア理論編

レヴィンに関する◯✕練習問題になります。

本記事の問題はキャリアコンサルタントの試験対策用に作っていますので、

  • 全過去問の傾向

を主に参考にしているのと、問は随時追加していこうと思っています。

では◯✕練習問題スタートです。

レヴィンの試験対策◯✕練習問題

問題文をクリックすると答えと解説が出ます。

問1

✕: Tグループは、自己理解、他者理解、グループダイナミックス、リーダーシップなどに関して深い気づきを得る体験学習で、うつ病や統合失調症などの治療を目的としてはいない。

問2

○:レヴィンは青年期を『周辺人』『境界人』(marginalman)と呼んだ。

問3

○:設問の通りである。

Tグループと周辺人・境界人を覚えておいたらいい感じやな!

関連ページ

レヴィンの理論に関してポイントをまとめた記事が下記になります。

【キャリコン】レヴィンの周辺人と境界人とは?【Tグループの提唱】
クルト・レヴィン(Lewin,K.)もキャリアコンサルタント学科試験ではたまに出題されています。 本記事では、そんなレヴィンのポイントを簡単にまとめています。 周辺人・境界人(マージナルマン) レヴィンは、社会的に不安定な存在とし...
タイトルとURLをコピーしました