» キャリコン【19回受験生専用】情報&交流広場がOPENしました! «

【キャリコン】ニコルソンのトランジションサイクルモデル【4段階】

発達論・トランジション

ナイジェル・ニコルソン(Nicholson, N.)はトランジションを円環サイクル的なモデルとして捉えています。

キャリアコンサルタント学科試験でも何度か出題されていますので、混乱しないようにざっくりと覚えておきたい理論になります。

本記事では、ニコルソンのトランジション4サイクルモデルについてまとめています。

ニコルソンのトランジション4サイクルモデル

ニコルソンは転機を、4つのサイクルを回りながら螺旋的に上昇していくと考えました。

その4つのサイクルが、

段階 名称 内容
第一段階 準備 新しい世界に入る準備段階。昇任しての心構え等
第二段階 遭遇 実際にその職場など新たな役職で現実の状況に遭遇する
第三段階 適応 徐々に仕事や人間関係などの状況に溶け込み、役職にも順応していく段階
第四段階 安定化 役職にも慣れ、落ち着いていく安定化の段階

となっています。

昇進や異動が起こる度に4つのサイクルを繰り返しながら上昇していくイメージが浮かびます。

準備・遭遇・適応・安定化か・・・ドラクエとかと一緒やなw!
ゲームニコトラ4』って覚えよ!

まとめ

4つのトランジションサイクルの名称と内容は結びつきやすいので、名称と順番を覚えておくのがポイントになるかと思われます。

ニコルソンに関する練習問題が下記になりますので挑戦してみてください。

【キャリコン】ナイジェル・ニコルソンの試験対策『◯✕練習問題』
ニコルソンに関する◯✕練習問題になります。 本記事の問題はキャリアコンサルタントの試験対策用に作っていますので、 全過去問(国家試験・2級技能士)の傾向 を主に参考にしているのと、問は随時追加していこうと思...
タイトルとURLをコピーしました