» キャリコン【19回受験生専用】情報&交流広場がOPENしました! «

【キャリコン】ブリッジスのトランジション【終焉と中立圏と開始】

発達論・トランジション

ウィリアム・ブリッジス(Bridges,W.)『転機(トランジション)の始まりは何かが始まるときではなく、何かが終わるとき』と提唱しています。

そして、その始まりと終わりの間をニュートラルゾーンとして、キャリア転換時に上手くマネジメントしていくことが大切であるとしました。

本記事では、ブリッジスのトランジションについて過去問の傾向からポイントをまとめています。

キャリア転換のサイクル3要素

ブリッジスは、キャリア転換(キャリア・トランジション)を3つの要素のサイクルに分けています。

  • 第1段階:終焉『アイデンティティや方向感覚の喪失。混乱、空虚感などの心理的苦痛』
  • 第2段階:ニュートラルゾーン中立圏『喪失感、空虚感を受け止める時期。自分と向き合うことが大切』
  • 第3段階:開始『整理をして次に進む時期。計画的、偶発的に関わらず、新たになにかが始まる時期。焦らないことが大切』

第1段階が終焉(終わり)からなんがポイントやな。
終わりが始まりなんてカッコええな。憧れるわー!

まとめ

終わりは始まり・・・なんだかカッコいいですね。試験にもよく出題されているのでブリッジスの3要素は抑えておきたいです。

この理論の僕なりの覚え方は、ブリッジス=橋ということで『終わりと始まりを繋ぐ橋』という感じで記憶しています。

ブリッジスに関する練習問題が下記になりますのでチャレンジしてみてください。

【キャリコン】ウィリアム・ブリッジスの試験対策『◯✕練習問題』
ウィリアム・ブリッジスに関する◯✕練習問題になります。 本記事の問題はキャリアコンサルタントの試験対策用に作っていますので、 全過去問の傾向 新版キャリアの心理学 渡辺三枝子 働くひとの心理学 岡田昌毅先生 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました