» キャリコン【19回受験生専用】情報&交流広場がOPENしました! «

【必須】カウンセリング理論の学科優先順位上位まとめ【キャリコン】

学習優先順位トップまとめ

数多くあるカウンセリング理論ですが、過去問の傾向から出題率の高さを知ることができます。指標の一つに過ぎませんが、何度も出題されている問題も多くあります。

実際に僕は、優先順位の高い問題からインプットしていくという学習方法(手順)を踏みました。

本記事では、過去問の傾向から、カウンセリング理論に関する優先順位上位の絶対に抑えておきたい理論と提唱者をまとめています。

絶対に抑えておきたい!学習優先順位上位の理論と提唱者

ロジャーズ

ロジャーズは、人間を自らの基本的潜在能力を最大限に発展させようと努める存在であると捉えて、来談者主導のもとに進めていくカウンセリングとなる、来談者中心カウンセリングを開発しました。

過去問での出題率もトップクラスで、難易度も比較的高めな印象です。

  • 来談者中心カウンセリング(来談者中心アプローチ)
  • 無条件の肯定的関心
  • 共感的理解
  • 自己一致・純粋性
  • エンカウンター・グループ

また、難易度が高い理由として、過去問で出題もされている『実現傾向』『人格変化の必要十分条件』などのあまり見ない重要なキーワードがありますのでしっかり抑えて得点源にしていきましょう。

【キャリコン】ロジャーズの来談者中心カウンセリング【基本的態度】
カウンセリング理論で最初に習うのがカール・ロジャーズ(Rogers,C.R.)の来談者中心カウンセリングになるかと思います。 学科試験でも3つの基本的態度を中心に出題率は高めになっていますし、実技においても重要な理論になりますので、し...

フロイト

フロイト防衛機制は好きな理論です。ただ、種類も多く暗記するのは苦労するかと思いますので、まずは納得・興味のいくところから少しずつ攻略していくと良いでしょう。

  • 精神分析理論
  • 局所論
  • 構造論
  • 発達論
  • 防衛機制

フロイトは覚えることも多く、出題率もかなり高めになっていますので、一つずつインプットしていきましょう。フロイトについてポイントをまとめた記事が下記になります。

【キャリコン】フロイトの精神分析アプローチ【無意識と防衛機制】
ジークムント・フロイト(Freud,S.)の精神分析理論ですが専門的な用語も多く理解が難しいです。 参考資料としては、キャリコン勉強をしている方なら知っているかと思いますが、いわゆるジル資料に詳しく書かれていますの読んでみてください。...

エリス

エリスも出題率はそこそこ高めです。ただ抑えるべきキーワードは『ABCDE理論』『イラショナルビリーフ』くらいで多くはありませんので、その辺りを意識してインプットしておくと、試験対策になるかと思います。

  • ABCDE理論
  • ビリーフ(信念)
  • イラショナルビリーフ(非論理的な思考)

エリスについてポイントをまとめた記事が下記になりますので、学習しておいてください。

【ABCDE理論】エリスの論理療法まとめ【イラショナルビリーフ】
論理療法のアルバート・エリス(Ellis, A. )ですが、ABC(DE)理論やイラショナル・ビリーフが過去の試験には出題されています。 木村周先生のキャリアコンサルティングの理論と実際、宮城まり子先生のキャリアカウンセリングに詳しく...

ベック

ちょくちょく出題されているベックですが、『自動思考』『スキーマ』など独特なワードが多いので、覚えやすいと言えば覚えやすい理論になります。エリスのビリーフと区別して覚えるようにしましょう。

  • 自動思考
  • スキーマ
  • 認知の歪み

ベックについて過去問の傾向からポイントをまとめた記事が下記になります。

【自動思考とスキーマ】ベックの認知療法まとめ【認知の歪み具体例】
アーロン・ベック(Beck, A. T. )は認知的アプローチである認知療法を提唱しました。 認知療法のキーワードは、 自動思考 スキーマ 認知の歪み となります。 キャリコン試験の過去問には...

パールズ

『今ここ』での『気づき』を得る心理療法の体験を重視し、クライアントのゲシュタルトの回復を目標にした療法になります。

  • ゲシュタルト療法
  • 「今ここ」での「気づき」

ゲシュタルトというワードは聞いたことがあるかと思いますので、その辺りから興味を持つと覚えやすいかと思います。

【キャリコン】パールズのゲシュタルト療法【今ここでの気づき】
フレデリック・S・パールズ(Perls, F.)のゲシュタルト療法ですが、キャリアコンサルタント国家試験にも数回名前が出ています。 パールズイコールゲシュタルト療法を知らなければ分からない問題になっていたので、本記事では簡単にまとめて...

アドラー

アドラーは『嫌われる勇気』というベストセラーで有名ですが、正直この本を読んでおくと十分な試験対策になると率直に思います。僕は受験が終わってから読んだのですが、受験前に読んでおいたら良かったと思っています。

  • 共同体感覚
  • 劣等感
  • 勇気づけ
  • 個人心理学

アドラーに関して、ポイントをまとめた記事が下記になります。

【キャリコン】アドラー心理学とは【共同体感覚と劣等感と勇気づけ】
アルフレッド・アドラー(Alfred.Adler)のアドラー心理学は過去問での出題率はそれほど高くはありませんが『嫌われる勇気』という本が有名ですし、一般レベルには覚えておきたいところです。 因みに、日本ではアドラー心理学と呼ばれてい...

アイビィ

アイビィマイクロ・カウンセリング技法は、学科だけでなく実技にも応用できるので、じっくり理解しておくと良いでしょう。学科でインプットした知識を実技に応用することで、相乗効果的にレベルUPが望めます。

  • マイクロカウンセリング技法

基本を身に着けたいと考えられている方は、ここはじっくり学習しておいてください。

【かかわり行動】アイビィのマイクロカウンセリング技法【積極技法】
アレン・E・アイビィ(Ivey, A. E. )のマイクロカウンセリング技法は、キャリアコンサルタントの学科試験だけでなく、実技(ロープレ)試験や口頭試問、論述でも使える技法になっています。 覚えることも多いですが、ロープレでの場面を...

カーカフ

包括的・折衷的カウンセリングモデルのヘルピング技法ですが、マイクロ・カウンセリング技法とは違った独特なワードもありますので、抑えておいてください。

  • ヘルピング
  • 手ほどき技法
  • ヘルパー・ヘルピー

ヘルピング技法についてポイントをまとめた記事が下記になります。

【内面的成長技法】カーカフのヘルピング技法【段階化の内容まとめ】
ヘルピング技法はロバート・R・カーカフ(Carkhuff, R.R.)によって提唱された、包括的・折衷的カウンセリングモデルです。 過去問にも何度か出題されていますのでしっかり覚えておきましょう。 ヘルピングの特徴 ヘルピングには...

國分康孝

コーヒーカップモデル國分康孝によって提唱された包括的・折衷的なカウンセリング・モデルになります。出題率もそこそこなので、ポイントは抑えておきたいところです。

  • コーヒーカップモデル
  • リレーション
  • 無構え

特に関連ワードの組み合わせ問題で見かける印象です。國分康孝についてまとめた記事が下記になりますので、重要なワードはインプットしておきましょう。

【キャリコン】國分康孝のコーヒーカップモデル【4つの人間性】
コーヒーカップモデルは國分康孝によって提唱された包括的・折衷的なカウンセリング・モデルになります。 國分康孝はカウンセリングとは「言語的、非言語的コミュニケーションを通して、行動変容を試みる人間関係」と定義しています。 本記事で...

ハー

ハーは理論というより定義になるのですが、実技試験においてかなり重要かつ理解しやすい定義になります。学科のためだけでなく学習しておくと相乗効果が期待できます。

  • キャリアカウンセリングの定義

ハーについてポイントをまとめた記事が下記になります。

【キャリコン】ハーのキャリアカウンセリングの定義【4つの特徴】
エドウィン・L・ハー(Edwin L. Herr)のキャリアカウンセリングの定義ですが、キャリコンのもっとも本質的な部分となっています。 木村周先生のキャリアコンサルティング理論と実際(P53)に記載されていますので読んでおかれると良...

森田正馬

森田療法は、森田正馬により創始された神経質に対する精神療法になります。

過去問では、関連ワードの組み合わせ問題によく登場していた印象です。

  • 森田療法
  • 絶対臥褥

強引ですが、『森田臥褥』といった感じで覚えておくと役に立つかもしれません。

【キャリコン】森田正馬の森田療法まとめ【絶対臥褥とは?】
森田正馬の森田療法はキャリアコンサルタント学科試験では、アプローチの組み合わせ問題としてよく見かける印象です。 それぞれ特徴的なキーワードがあるので抑えておきたい所です。 本記事では、そんな森田正馬の森田療法についてポイントをま...

吉本伊信

内観療法とは、吉本伊信が浄土真宗の「身調べ」という修行法から内観療法を開発した療法になります。

  • 内観療法
  • 身調べ

こちらも森田療法と合わせて、関連ワードの組み合わせ問題によく登場しますので、混同して引っかからないように気をつけましょう。

【キャリコン】吉本伊信の内観療法まとめ【身調べとは?】
吉本伊信の内観療法はキャリアコンサルタント学科試験では、アプローチの組み合わせ問題としてよく見かける印象です。 それぞれ特徴的なキーワードがあるので抑えておきたい所です。 本記事では、そんな吉本伊信の内観療法についてポイントをま...

システマティック・アプローチ

システマティック・アプローチを学習すれば、学科だけではなく実技や口頭試問にも対応しやすくなりますので、こちらも重要なポイントになります。

  • システマティック・アプローチ

システマティック・アプローチの流れをまとめた記事が下記になります。

【キャリコン】システマティック・アプローチの流れ【6つの段階】
キャリアコンサルタントの現場でのクライアントとの向き合い方や問題解決へのアプローチとして、使われているのがシステマティック・アプローチになります。 試験対策として勉強しておくことで学科だけではなく実技や口頭試問にまで応用できるものにな...

まとめ

本記事でまとめた理論は、過去の学科試験でも高確率で出題されていますので、傾向から考えると出題されやすい理論と言えます。

合格ラインの35点の得点源として、しっかり取っておきたいカウンセリング理論になりますので、じっくりと学習しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました