» キャリコン【19回受験生専用】情報&交流広場がOPENしました! «

【キャリコン】パールズのゲシュタルト療法【今ここでの気づき】

カウンセリング理論

フレデリック・S・パールズ(Perls, F.)ゲシュタルト療法ですが、キャリアコンサルタント国家試験にも数回名前が出ています。

パールズイコールゲシュタルト療法を知らなければ分からない問題になっていたので、本記事では簡単にまとめています。

ゲシュタルト療法

ゲシュタルト療法は、実存主義的、現象学的を基盤とした心理療法で、人間をありのままに捉えようとするもので、体験的な『気づき』を経て、より『自分らしく生きる』ことや、価値観を確立する心理療法になります。

『今ここ』での『気づき』を得る心理療法の体験を重視し、クライアントのゲシュタルトの回復を目標にしています。

ゲシュタルトとは?
Gestalt(ドイツ語)。ゲシュタルト心理学の基本概念。全体を、部分の寄せ集めとしてでなく、ひとまとまりとしてとらえた、対象の姿。形態

ゲシュタルト療法の特徴

グループワークショップとして行われることが多くなっていますが、

  • エンプティチェア『空の椅子』に想像する他者や自己を座らせて対話
  • ドリームワーク:夢を記録し夢の中で起こった事をクライエントに演じてもらう

等の技法が使われます。

ゲシュタルト療法は個性的な技法やなー。

まとめ

過去問では名前と療法を一致させる問題が何度か出題されていますので、パールズ=ゲシュタルト療法ということは覚えておいた方が良いでしょう。

パールズのゲシュタルト療法に関する練習問題を下記に用意していますので挑戦してみてください。

【キャリコン】フレデリック・パールズの試験対策『◯✕練習問題』
パールズに関する◯✕練習問題になります。 本記事の問題はキャリアコンサルタントの試験対策用に作っていますので、 全過去問の傾向 ゲシュタルト療法の理論と技法 を主に参考にしているのと、問は随時追加していこ...
参考サイト:Counselorweb

コメント

タイトルとURLをコピーしました