» キャリコン【19回受験生専用】情報&交流広場がOPENしました! «

【3つの自己表現】アサーション・トレーニングまとめ【DESC法】

カウンセリング理論

対人場面で、適切な自己表現や自己主張をするためのコミニュケーションスキルを訓練することをアサーション・トレーニングと言います。

アサーション

アサーションは自己主張・自己表現という意味になります。

相手の考えを尊重しながら、自分の気持ち、考え、信念などが正直にその場でふさわしい方法で表現するコミニュケーションをアサーティブなコミニュケーションと言います。

3種類の自己表現

ノンアサーティブ(非主張型) 自分よりも相手を優先して考える。自分の考えを遠慮して伝える。自分の意見を率直に言えない。
アサーティブ(バランス型) 自分のことを第一に考えるが、相手への配慮も忘れない。自分の意見を率直にその場にふさわしい形で言える。
アグレッシブ(攻撃型) 相手よりも自分を優先して考えるタイプ。自分の意見を率直にはっきり言うが、相手への配慮がなく、一方的に言い分を押し通す形で伝える。

アサーティブなコミニュケーションは目指したいところやな!

アサーショントレーニング

アサーショントレーニングは相手を操作したり、YESを言わせるためのコミュニケ―ションスキルを磨くものではなく、対等な目線で、より良い人間関係を目指すものになります。

アサーショントレーニングの技法の中で代表的なものがDESC法になります。

DESC法

D Discribe(描写する) 客観的に状況や事実を述べる
E Express(表現する) 自分の意見や感じていることを表現する
S Specify(提案する) 相手にしてもらいたいことを明確な言葉で提案する
C consequences(結果を伝える) 提案したことが実行された、されない場合の結果を伝える

まとめ

アサーションについては、確か過去問ではまだ出題されていないかと思いますが、出典元となる木村周先生のキャリアコンサルティング理論と実際のP49に記載されていますので念の為まとめておきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました