» キャリコン【19回受験生専用】情報&交流広場がOPENしました! «

【キャリコン】ダニエル・J・レビンソンの試験対策『◯✕練習問題』

キャリア理論編

レビンソンに関する◯✕練習問題になります。

本記事の問題はキャリアコンサルタントの試験対策用に作っていますので、

  • 全過去問の傾向
  • 働くひとの心理学岡田昌毅

を主に参考にしているのと、問は随時追加していこうと思っています。

では◯✕練習問題スタートです。

レビンソンの試験対策◯✕練習問題

問題文をクリックすると答えと解説が出ます。

問1

◯:正しい。

問2

◯:正しい。

問3

✕:中年期への架け橋であり、今まで無視してきた自己の側面に目を向ける時期、生活構造の変化を踏まえて新しい生活構造を作り上げることが課題である。安定を得るには必ずしも至らず、中年の危機が待ち構えていることもありうる。

問4

◯:正しい。

問5

◯:人生を四季に例え4つに分けた。

問6

◯:成人前期から中年期への移行期を「人生半ばの過渡期」とよんだ。

問7

✕:青年への過渡期→成人への過渡期が正解。

問8

◯:安定期と過渡期が交互に現れ進んでいくと考えた。

問9

✕:人生半ばの過渡期の説明。

問10

✕:人生半ばの過渡期の説明。

問11

◯:正しい。

問12

✕:人生半ばの過渡期は中年に入る前の過渡期である。

問13

◯:30歳の過渡期の次の過渡期が人生半ばの過渡期になる。

問14

◯:正しい。

問15

◯:正しい。

問16

◯:正しい。

問17

◯:正しい。

問18

✕:安定を得るには必ずしも至らず、中年の危機が待ち構えていることもありうる。

発達論は正直苦手や!
けど、とりあえず段階名から覚えようと思うで!

関連ページ

レビンソンについてまとめた記事が下記になります。

【人生の四季】レビンソンの発達段階説【人生半ば(中年)の過渡期】
ダニエル・J・レビンソン(Levinson,D.J)は人の発達を安定した安定期と各段階の境目の過渡期を繰り返しながら発達すると考えました。 そしてこの過渡期こそ自己のキャリアを質的にさらに新しく発展させる自己再生のための好機と見ていま...

また、各理論家の発達論を1ページにまとめていますので参考にしてください。

【キャリコン】抑えるべき6つの発達理論【発達段階表有り】
発達段階は幾つか有るので混乱してしまい覚えるのが難しい印象です。ただキャリアコンサルタント学科試験にも出題されやすいので、外せない項目になっています。 そこで本記事では、そんなややこしい各発達理論と特徴などを一つづつまとめています。 ...
参考資料:働くひとの心理学岡田昌毅

コメント

タイトルとURLをコピーしました