» キャリコン【19回受験生専用】情報&交流広場がOPENしました! «

【問41~問50】第15回キャリアコンサルタント学科試験【過去問解説】

第15回

このコンテンツは過去の国家資格キャリアコンサルタント学科試験の、

  • 各問題の解説
  • 各問題の正答
  • 参考書籍・参考資料等
  • キャリコンスタディ内の学習ページ
  • 語呂合わせ

などをまとめています。

解説には万全を尽くしていますが、万が一誤字・脱字や間違いがございましたらご指摘いただければと思います。

第15回学科試験 問41~問50の正答解説と参考元

問41

心理アセスメントの観察法に関する問題です。

正答:4

1.○:観察法は、心理テストでは捉えられない行動や言語表現などについて情報が得られる。

2.○:観察は、何に重点を置いて観察するか明確でなければならない。

3.○:観察は、今起こっているすべてのことが観察の対象となる。

4.×:観察法においては、カウンセラーがクライエントを主観的ではなく客観的に捉えることが重要である。

問42

仕事理解支援から、職業分類、産業分類に関する問題になります。度々出題(第6回問41が類似)されるので、混同しないように特徴をインプットしておきましょう。

正答:4

1.○:日本標準産業分類は、統計の結果を表示するための分類であり、個々の産業を認定するものではない。(日本標準産業分類

2.○:事業所において社会的な分業として行われる財及びサービスの生産又は 提供に係るすべての経済活動を分類。(日本標準産業分類

3.○:中分類の01-管理的公務員に、011議会議員・012管理的国家公務員・013管理的地方公務員がある。(日本標準職業分類

4.×:厚生労働省編職業分類は大分類・中分類・小分類・細分類がある。日本標準職業分類は、大分類・中分類・小分類。ハローワークインターネットサービス

【キャリコン】2つの職業分類と産業分類【日本標準と厚生労働省編】
キャリアコンサルタント学科試験では職業分類についての出題も何度かされています。 これがなかなかややこしいのですが、とくに『日本標準産業分類』が絡んでくるとさらに混乱してしまいます。 本記事では、3つの職業分類、 日...

問43

啓発的経験に関する問題です。

正答:1

1.○:啓発的経験とは、インターンシップ、職場見学、トライアル雇用等の経験を自身の働く意味・意義の理解や職業選択の材料とすることである。

2.×:啓発的経験には、インターンシップ、職場見学、トライアル雇用等がある。

3.×:ボランティア活動も、仕事理解としての啓発的経験につながる。

4.×:資格取得を目的として受講する職業訓練は啓発的経験とは言えない。

問44

システマティック・アプローチにおける意思決定に関する問題です。

正答:3

1.×:最終決定の前に、各選択肢のメリット、デメリットを比較検討する

2.×:意思決定には、「不確実性」が伴うものである。完璧性ではなく、複数の可能性を見出すよう支援をする。

3.○:意思決定のタイミングは、その内容と同様に重要である。

4.×:欲求、希望などに合うかどうかに関係なく、広く情報、専門家の意見、技術的援助等を求める。

問45

システマティック・アプローチにおける方策の実行支援に関する問題です。第6回問44が類似問題になります

正答:2

1.×:選択肢は目標設定の内容である。方策は、目標を達成するための行動計画のことで、それを実行することが方策の実行である。(P290)

2.○:選択肢の通り。適切な方策の実行にはクライエントの意欲、理解力、カウンセラーの力量が問われることになる。(P290)

3.×:意思決定するのはクライエント自身である。(P291)

4.×:方策を実行していない場合はあらためて実行するか、内容を検討して別の支援を考える。(P293)

問46

「仕事と子育ての両立」を主訴とする相談に関する問題です。曖昧な問題ですが、クライエントの現在の状況や実際の行動に目を向けて考えると分かりやすいです。

正答:4

1.×:「終結の兆し」として不適切。

2.×:「終結の兆し」として不適切。

3.×:「終結の兆し」として不適切。

4.○:実際に行動が変わってきていることから、適切といえる。

問47

問46に続いて、相談成果の評価および相談の終了に関する問題です。

正答:3

1.×:クライエントとキャリアコンサルタントが、目標に照らしてどこまで到達したか、成果を評価する。

2.×:クライエントの同意を得て、カウンセリングを終了する。

3.○:カウンセリングの終了を正式に宣言し、クライエントとカウンセラーがその後も延々とカウンセリング関係を継続することを避ける。

4.×:クライエントが成長したと思うという感情によるのではなく、実際に行動が変わったかという事実に焦点を置くことである。

問48

キャリア形成及びキャリアコンサルティングの教育並びに普及活動に関する問題です。

正答:3

1.○:学校教育のみで完成するものではなく、生涯学習の観点を踏まえた教育の在り方を考える必要がある。

2.○:企業としての人材活用目標と従業員一人ひとりのキャリア目標とを調整していくことで、企業の活力・生産性向上と従業員のキャリア充実を両立することにつながる。

3.×:目標管理制度は、個別またはグルーブごとに目標を設定し、それに対する達成度合いで評価を決める制度になるので、その面談はキャリアコンサルタントの役割とは言えない。

4.○:社内ネットによって従業員がキャリア情報に自由にアクセスできることは有効な方策と言える。

問49

環境への働きかけの認識及び実践に関する問題になります。

正答:3

1.×:個人に対する相談支援だけでなく、キャリア形成やキャリア・コンサルティングに関する教育・普及活動、環境への働きかけ等も含むものである。

2.×:「クライエントの意思に関わらず自らの判断に基づいて」は不適切。

3.○:職場環境の問題を発見した場合には、経営者等に問題提起と改善提案を行うことも求められる。

4.×:キャリアコンサルタントは、キャリアコンサルティングの契約関係にある組織等と相談者との間に利益が相反するおそれがある場合には、事実関係を明らかにした上で、相談者の了解のもとに職務の遂行に努めなければならない。(キャリアコンサルタント倫理綱領第:11条

問50

スーパービジョンに関する問題。第11回問47の類似問題となります。

正答:2(AとD)

A.○:スーパービジョンの説明として正しい。

B.×:スーパービジョンは、自身のスキル向上のみを目的に行うものではない。

C.×:スーパーバイザーの変更は可能である。

D.○:スーパービジョンの説明として正しい。

第15回過去問お疲れさまでした!

この15回から問題文の傾向が変わってきたんや!

ただ類似問題は出題されてるから、過去問での知識の積み上げは重要なんや!

第14回過去問解説TOP

タイトルとURLをコピーしました