» キャリコン【19回受験生専用】情報&交流広場がOPENしました! «

【キャリコン】方策実行の支援の試験対策『◯✕練習問題』

相談過程において必要な技能

方策実行の支援に関する◯✕練習問題になります。

本記事の問題はキャリアコンサルタントの試験対策用に作っていますので、

  • 全過去問の傾向
  • キャリアコンサルティング理論と実際 木村周

を主に参考にしているのと、問は随時追加していこうと思っています。

では◯✕練習問題スタートです。

方策実行の支援の試験対策◯✕練習問題

問題文をクリックすると答えと解説が出ます。

問1

◯:このままの一文が掲載されている。

問2

✕:可能性のある方策をいくつか考え、その中から適切な方策を1つ選ぶ。

問3

✕:方策とは設定した目標を実現するための方法のことである。意思決定、学習、自己管理等が主な方策である。

問4

◯:キャリアコンサルタントはクライエントが目標を立て、学習できるような状況を作り出し、かつ、目標達成のための学習計画や方策を実行するのを援助する。

問5

◯:キャリアコンサルタントはそれを支援する。

問6

✕:クライエント自身が不適切な習癖を矯正するための方策を発見し、それを自分で実践するように援助する。

問7

◯:学習の可能性は、過去、現在の経験ばかりでなく、学習すべきことがあるかどうかをクライエントが認識することによって大きく影響を受ける。

問8

✕:教育訓練給付金の受給には、雇用保険の被保険者等であった期間が3年以上あることが条件になる。

問9

✕:地方就職支援コーナーは、東京と大阪の2箇所しかない。

問10

◯:職業経験の不足などから就職が困難な求職者を原則3カ月間の試行雇用することにより、その適性や能力を見極め、常用雇用への移行のきっかけとなることを目的にした制度。

問11

◯:ほぼこのままの一文が掲載されている。

問12

◯:意欲を高める法則として、達成可能なサブ・ターゲットを立てる。

問13

✕:カウンセラーは一般情報を与えて、クライエントがそれをもとにして、自分の期待内容等を再評価し、現実に合わせるようにさせる。

方策の段階はシステマティックアプローチでもっとも中核をなす部分でもあるんやで!

関連ページ

方策実行の支援についてまとめた記事が下記になります。

【キャリコン】方策実行の支援の6ステップと3つの方策
キャリアコンサルタント学科試験でも毎回出題される方策実行の支援ですが、難易度はそれほど高くない様に感じます。 ただ、細かい所から出題されたりもしているので要チェックです。 本記事では、そんな方策の実行の支援についてまとめています...
タイトルとURLをコピーしました