» キャリコン【19回受験生専用】情報&交流広場がOPENしました! «

【キャリコン】ヒルトンの意思決定モデル【認知的不協和理論応用】

意思決定理論

キャリア意思決定理論のヒルトン(Hilton,T.L.)ですが、意思決定のプロセスを重視する提唱者に、ジェラット、ヒルトン、ティードマンの名前が挙がります。

この3人は過去の試験にも出題されているのでセットで覚えておくと良いかと思います。(ディンクレッジという理論家も過去に出題されています。)

本記事では、キャリア意思決定理論のヒルトンのについてまとめています。

ヒルトンの意思決定モデル

ヒルトンの意思決定モデルは、心理学の認知的不協和理論を応用したものになります。

個人が持つ自己概念や希望、期待、職業観等の「前提」外界からの情報との間に生じた不協和(不一致)の解消が意思決定の過程であるというものである。不協和が生じた際、不協和の検閲によって、個人の「前提」が修正可能であればこれを再検討する方向に進む。しかし前提の修正が不可能であれば、他の職業を検討して、不協和を解消する情報を求めることになる。いずれにせよ、個人が耐えられる状態に不協和が低下するまで、「前提」の再検討や他の選択肢の探索が繰り返される。
参照元:資料シリーズNo.165『職業相談場面におけるキャリア理論及びカウンセリング理論の活用・普及に関する文献調査』|労働政策研究・研修機構(JILPT)

意思決定モデル

閾下(いきか)とは?
刺激の強さが小さくて知覚されない状態。 または意識にのぼらない無意識の状態。これに対して、刺激閾以上の刺激を閾上刺激という。

意思決定モデルの簡単解釈

意思決定モデルの見方は、自分の希望などの前提仕事の条件などが不協和(希望に合わない)だった場合、無意識に希望を変更することができるかできないかで、まず選択肢が別れます。

希望に合えばOKですが、希望に合わない場合は、前提を再調整して新しい仕事を探すことになります。

その結果、希望に近い仕事が見つかったり、また別の可能性が生まれるといった意思決定をしていく過程になります。

難しい言葉が多いくて頭がパンク寸前や!
けど分かりやすくしたら上みたいな感じなんやな。

まとめ

とりあえず、キャリア意思決定理論のヒルトンの意思決定モデルを抑えておきたいところです。

さらにジェラットティードマンをセットで覚えておくと万全かと思います。

ヒルトン、ジェラット、ティードマンは意思決定トリオや!
ディンクレッジも入れたら四天王や!

ジェラットの意思決定理論に関しては下記記事になります。

【キャリコン】ジェラットの意思決定理論【積極的不確実性の重要性】
意思決定論のハリィ・ジェラット(Gelatt.H.B)ですが、前期の連続的意思決定プロセスと後期の積極的不確実性を主要概念とする理論があります。 テストでよく見るのは意思決定ですが、両方覚えておきたいところです。 本記事では、そ...

ティードマンの意思決定のプロセスに関しては下記記事を参考にしてください。

【予期の4段階】ティードマンの意思決定のプロセス【実行の3段階】
意思決定のプロセスを重視する提唱者に、ジェラット、ヒルトン、ティードマンの3人の名前が挙がります。 試験にも出てくることがあるので覚えておきたいポイントになります。 本記事では、その3人の中の予期と実行のティードマン(Tiedm...

コメント

タイトルとURLをコピーしました