» キャリコン【19回受験生専用】情報&交流広場がOPENしました! «

【キャリコン】ディンクレッジ8つの意思決定スタイル【7つの段階】

意思決定理論

リリアン・ディンクレッジ(Dinklage,L.B)は、アメリカ人女性心理学者で、意思決定には8つのスタイルがあると提唱しています。

学科試験では第6回キャリアコンサルタント試験『問43』で名前だけが登場しています。

本記事では、今後の試験で出題される可能性がありますので、8つの意思決定スタイルについてポイントをまとめています。

ディンクレッジの8つの意思決定スタイル

意思決定の段階

ディンクレッジの意思決定スタイルは体系的、段階的方法で意思決定を行おうとするもので、下記の段階を踏んで意思決定が行われます。

  1. 決定事項の明確化
  2. 情報収集
  3. 選択肢の明確化
  4. 根拠の評価
  5. 選択肢の中から最終選択
  6. 行動
  7. 決定と結果の検討

上記の段階による組み合わせや流れから、下記の8つの意思決定スタイルに分類されます。

8つの意思決定スタイル

スタイル 内容
衝動型(Impulsive) 情報収集や比較を重要視せず、即決するスタイル
運命論型(Fatalistic) 運命など外部によって決められると信じ、積極的活動を止めてしまう
従順型(Compliant) 他人や社会規範に従い、他人が決めることを許すスタイル
延期型(Delaying) 意思決定の必要を感じながらも、決断を延ばし続けるスタイル
苦悩型(Agonizing) 5の段階でいくつかの選択肢に気づき、なかなか意思決定ができない
直観型(Intuitive) 計画的な段階を踏まず、自分の主観や判断で即決する
無力型(Paralytic) 結果が恐ろしくて、不安や無力感から前に進めない
計画型(Planner) 行動等計画的であり、段階を踏んで意思決定ができる

8つのスタイルで望ましいのは、計画型で7つの段階を踏みながら意思決定ができるスタイルとされています。

ワイは計画型…と言いたいところやけど。
直感的なところもあるな!野生の血が騒ぐんやで!

まとめ

ディンクレッジの8つの意思決定スタイルですが、それぞれの名前と内容は一致しやすいかと思います。

ポイントは、

ディンクレッジ=8つの意思決定スタイル=7つの段階

という関連性は覚えておきたいところです。

他の意思決定理論に関してまとめた記事が下記になりますので、参考にしていただければと思います。

【キャリコン】意思決定理論に関するアプローチ【提唱者一覧】
職業選択は職業に関する意思決定の連鎖的なプロセスと言われています。 その意思決定のプロセスを重視する提唱者に、ジェラット、ヒルトン、ティードマンの名前が挙がります。また、出題率は低いですが、ディンクレッジも過去の学科試験に名前が出たこ...
タイトルとURLをコピーしました