» キャリコン【19回受験生専用】情報&交流広場がOPENしました! «

【キャリコン】働き方改革関連法の試験対策『◯✕練習問題』

労働政策及び労働関係法令編

働き方改革関連法に関する◯✕練習問題になります。

本記事の問題はキャリアコンサルタントの試験対策用に作っていますので、

  • 全過去問の傾向
  • 働き方改革関連法

を主に参考にしているのと、問は随時追加していこうと思っています。

では◯✕練習問題スタートです。

働き方改革関連法の試験対策◯✕練習問題

問題文をクリックすると答えと解説が出ます。

問1

○:働く方一人ひとりが、より良い将来の展望を持ち得るようにすることである。多様な働き方が可能な中において、自分の未来を自ら創っていくことができる社会を創る。意欲ある方々に多様なチャンスを生み出す。参考:働き方改革実行計画(P2)

問2

×:仕事と子育てや介護を無理なく両立させるためには、長時間労働を是正しなければならない。参考:働き方改革実行計画(P10)

問3

○:転職が不利にならない柔軟な労働市場や企業慣行を確立できれば、労働者にとっては自分に合った働き方を選択してキャリアを自ら設計できるようになる。参考:働き方改革実行計画(P24)

問4

○:正規と非正規の理由なき格差を埋めていけば、自分の能力を評価されていると納得感が生じる。納得感は労働者が働くモチベーションを誘引するインセンティブとして重要であり、それによって労働生産性が向上していく。参考:働き方改革実行計画(P2)

問5

○:設問の通り。

問6

×:働き方改革の考え方に沿っていない。むしろ、逆である。

問7

○:労働施策総合推進法では、『題名と目的規定等の改正』『国の講ずべき措置』『事業主の責務』『基本方針の策定等』が示されている。

問8

×:使用者は、10日以上の年次有給休暇が付与される全ての労働者に対し、毎年5日、基準日から一年以内の期間に、時季を指定して有給休暇を与える必要があります。

問9

○:産業医や産業保健機能の強化が行われました。

問10

○:同一労働同一賃金といわれるものです。不合理な待遇差を解消するための規定の整備が行われました。

問11

×:適用対象者の拡大はされていない。

問12

○:労働基準法が改正され、時間外労働の上限が法律に規定された。

こうやってまとまってると学習しやすいな!

関連ページ

働き方改革関連法についてまとめた学習ページが下記になります。

【キャリコン】働き方改革関連法について【ピンポイントで学習】
働き方改革に関する問題は、これまでのキャリアコンサルタント学科試験でも何度か出題されています。 資料や法令が複数あり、分かりにくいジャンルかと思いますので、本記事では、働き方改革関連法の重要なポイントと参考資料をまとめています。 働...

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました