» キャリコン【19回受験生専用】情報&交流広場がOPENしました! «

【キャリコン】テイラーの科学的管理法【課業(task)と出来高賃金制】

その他のキャリア理論

フレデリック・テイラー(Taylor,F.W.)は、アメリカのエンジニア兼経営学者で、経営管理論である科学的管理法を提唱しました。

テイラーに関しては、キャリアコンサルタント学科試験では出題されていませんが、試験範囲となっており今後出題される可能性もありますので、名前と特徴だけでも抑えておくと安心です。

本記事では、そんなテイラーの科学的管理法についてポイントをまとめています。

テイラーの科学的管理法

テイラーは、労働者の時間と動作の研究を行い『課業(task)』という概念を持ち込み、標準作業量を設定して、これを元に標準量を超える有能な作業者の地位向上や差別的出来高賃金制(出来高払い制)を採用するなどの科学的管理法を唱えました。

科学的管理法の原理は、

  1. 課業管理
  2. 作業の標準化
  3. 作業管理のために最適な組織形態

3つからなります。

科学的管理法は、能率増進運動の中でさまざまなエンジニアが作業能率の向上を研究していましたが、その中で最も体系化されていたのがテイラー考案の技法で、テイラーシステムとも呼ばれています。

ただ、心理学や社会学の観点からは、労働者を作業するだけの機械のように扱うことが人権侵害に繋がるとして批判の声もありました。それを受けて、後の学者などによって改善され発展しました。

まとめ

あまり耳馴染みの無いテイラーですが、

  • 科学的管理法(テイラーシステム)
  • 出来高賃金制
  • 課業(task)

このポイントだけ抑えておくと、いざ出題された時に対応できるかと思います。

タイトルとURLをコピーしました