» キャリコン【19回受験生専用】情報&交流広場がOPENしました! «

【キャリコン】メイヨーとレスリスバーガーのホーソン実験【人間関係論】

その他のキャリア理論

メイヨー(Mayo,G.E.)レスリスバーガー( Roethlisberger,F.J.)は、ホーソン実験を行い人間関係論学派の創始者と呼ばれています。

現時点では、キャリアコンサルタント学科試験では出題されていませんが、試験範囲となっており今後出題される可能性もありますので、ポイントを抑えておくと安心です。

本記事では、そんなメイヨーとレスリスバーガーのホーソン実験についてポイントをまとめています。

ホーソン実験とは?

ホーソン実験は、シカゴのウェスタン・エレクトリック会社のホーソン工場で、メイヨーレスリスバーガーが中心となって、1927年から10年にわたって行われた実験になります。ホーソン研究とも呼ばれています。

具体的な実験は、

  • 照明実験(工場の照明と作業能率の関係)
  • リレー組みたて実験(条件の変更と作業能率の関係)
  • 面接実験(労働者に面接して聞き取り調査)
  • バンク配線実験(協業の成果を計測)

が行われました。

この実験の結果、人間の生産能率に重要な影響を与えるのは、作業環境でなく、自然発生した人間環境であることが導きだされました。

具体的には、フォーマル組織(職制を通じた組織)より、インフォーマル組織(職場内で自然に発生する非公式な組織)での人間関係が作業能率に大きな影響を与えるとされました。

20世紀初頭に科学的管理法がフレデリック・テイラーによって提唱されて以来経営管理論の主流でしたが、この実験以来、人間関係論へと移行しました。

メイヨーとレスリスバーガーか・・・
じゃあ、ワイはポテトとテリヤキバーガーで!

まとめ

出題されたことがないですが、試験範囲ではありますので、ポイントは抑えておきたいところです。

とりあえず、

  • メイヨーとレスリスバーガー
  • ホーソン実験
  • 人間関係論

の関係性は記憶しておきます。

参考サイト:Wikipedia
タイトルとURLをコピーしました