» キャリコン【21回受験生専用】交流広場がOPENしました! «

【キャリコン】職務等級制度とは?主な特徴まとめ【能力と等級】

人事労務管理

職務等級制度は、これまでのキャリアコンサルタント学科試験ではたまに出題されています。職能資格制度と混同しないようにインプットしておきましょう。

本記事では、できるだけ簡単に職務等級制度について学習できるように、過去問の出題傾向を参考にまとめています。

等級制度とは?

はじめに等級制度とは、従業員の能力や職務、役割によって区分し、序列化する制度となります。

そして等級制度において労働者を序列化する基軸には、

の3つがあります。

その中の職務等級制度のポイントが下記となります。

職務等級制度の特徴

職務等級制度の特徴として、

  • 職務の中身や難易度を明確化
  • どこまでが自分のするべきことで、他の人がどこまでするべきなのかという境界線を明確化
  • それぞれに対応する給与テーブルが用意されている

といった制度となります。

求められる人材像がわかりやすく、スペシャリスト育成に有効です。また顕在的な能力が評価されることから、成果主義人事制度を推進するにも有効となります。

職務等級制度は欧米でよく導入されている制度なんや!

職務等級制度の導入

職務分析を行い、職務記述書を作成して職務等級制度を策定するという流れになります。デメリット面の特徴として、この職務記述書の管理・作成が大変であることが挙げられます。

まとめ

職務等級制度は職能資格制度とともに取り上げられることも多くなっていますので、職能資格制度のページでも学習しておいていただければと思います。

【キャリコン】職能資格制度とは?主な特徴まとめ【能力と等級】
職能資格制度は、これまでのキャリアコンサルタント学科試験でもそこそこ出題されており、理解していないと正解を導くのに困難なジャンルでもあります。 本記事では、できるだけ簡単に職能資格制度について学習できるように、過去問の出題傾向を参考に...
参考サイト:日本の人事部
タイトルとURLをコピーしました