» キャリコン【19回受験生専用】情報&交流広場がOPENしました! «

【キャリコン】システマティックアプローチの試験対策『◯✕練習問題』

カウンセリング理論編

システマティック・アプローチに関する◯✕練習問題になります。

本記事の問題はキャリアコンサルタントの試験対策用に作っていますので、

  • 全過去問の傾向
  • キャリアコンサルティング理論と実際 / 木村周
  • ジル資料

を主に参考にしているのと、問は随時追加していこうと思っています。

では◯✕練習問題スタートです。

システマティック・アプローチの試験対策◯✕練習問題

問題文をクリックすると答えと解説が出ます。

問1

✕:方策の実行は『意思決定・学習・自己管理』がある。目標設定は方策の前の段階。

問2

◯:方策の実行の説明として正しい。

問3

✕:クライエントは、受動的ではなく積極的な役割を果たすことができる。と記載(木村P294)

問4

◯:このままの一文が記載されている。(木村P294)

問5

◯:このままの一文が記載されている。(木村P295)

問6

◯:このままの一文が記載されている。(木村P295)

問7

✕:目標の設定はカウンセラーとクライエントの共同作業によるもの。

問8

◯:このままの一文が掲載されている。(木村P286)

問9

✕:目標は固定的なものではなく変更が可能。

問10

✕:目標契約ではなく、一般的に行動契約と呼ばれる。(木村P289)

問11

◯:このままの一文が記載されている。(木村P297)

問12

◯:このままの一文が記載されている。(木村P297)

問13

✕:『クライアント自身』が不適切な習癖を矯正するための方策を発見し、それを自分で実践するように援助する。

問14

◯:このままの一文が記載されている。(木村P297)

問15

◯:このままの一文が記載されている。(P294)

問16

◯:方策がクライエントの欲求や価値観などに反する場合には、それに合うように変更する。

問17

◯:方策実行のプロセスをクライアントに説明する。(木村P291)

問18

◯:行動契約。目標を達成するためにカウンセラーとクライエントが「契約書」を取り交わす。

問19

◯:このままの一文が記載されている。(木村P295)

過去問では目標設定や具体的な方策についてかなり出題されてたで!
システマティックアプローチは大事な項目や!

システマティックアプローチの覚えておきたいポイント

は重要です。

システマティックアプローチについてまとめた記事が下記になりますので一度目を通してから過去問やこのページの練習問題に挑戦してみてください。

404 NOT FOUND | キャリコンスタディ
キャリアコンサルタントの資格取得を目指すサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました