» 【21回受験生専用】学科・論述・面接試験対策サポート受付中! «

【問31~問40】第19回キャリアコンサルタント学科試験【過去問解説】

第19回

このコンテンツは過去の学科試験の、

  • 各問題の解説
  • 各問題の正答
  • 参考書籍・参考資料等
  • キャリコンスタディ内の学習ページ
  • 語呂合わせ

をまとめています。

解説には万全を尽くしていますが、万が一誤字・脱字や間違いがございましたらご指摘いただければと思います。

第19回学科試験 問31~問40の正答解説と参考元

問31

中高年期のライフ・ステージとキャリアに関する問題です。

正答:1

1.×:シャインのキャリア・サイクルの段階と課題において、キャリア中期ではなくキャリア初期の正社員資格の説明である。(木村/5訂版:P64、6訂版:P232)

2.○:レビンソンの「人生半ばの過渡期」に対する主要課題の説明として正しい。(岡田:P78)

3.○:スーパーのライフステージにおける「維持段階」の発達課題の説明として正しい。(岡田:P52、渡辺:P47)

4.○:エリクソンの個体発達分化の図式に示された「成人期」の発達課題の説明として正しい。(岡田:P80)

発達段階は混同しないように気をつけてな!
ポイントは抑えておこう!

【キャリコン】抑えるべき6つの発達理論【発達段階表有り】
発達段階は幾つか有るので混乱してしまい覚えるのが難しい印象です。ただキャリアコンサルタント学科試験にも出題されやすいので、外せない項目になっています。 そこで本記事では、そんなややこしい各発達理論と特徴などを一つづつまとめています。 ...

問32

人生(キャリア)の転機に関する問題です。

正答:4

1.×:ジェラットではなくバンデューラが「偶然は予期されずに起こるが、いったん起こると予定されていたことと同じように、通常の連鎖の中に組み込まれて、人間の選択行動に影響を与える。」としている。(木村/5訂版:P33、6訂版:P92)

2.×:スーパーの職業的発達段階には、暦年齢にゆるく関連した移行期があるとした。(渡辺:P45)

3.×:シュロスバーグが提言した4つの資源は、状況(Situation)、自己(Self)、支援(Support)、戦略(Strategies)が正しい。(岡田:P59、渡辺:P193、196~198)

4.○:ブリッジズのトランジションのプロセスの説明として正しい。「終焉」「中立圏」を経て「開始」へ至る。(岡田:P86)

問33

「職場におけるダイバーシティ推進事業報告書」からの問題です。

正答:3

1.○:選択肢のとおり。(P5)

2.○:選択肢のとおり。(P5)

3.×:性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律(平成15年法律第111号)により、性同一性障害者であって一定の条件を満たす者については、性別の取扱いの変更の審判を受けることができるようになっている。(P5、性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律 第三条)

4.○:選択肢のとおり。(P8)

問34

「事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドライン」からの問題です。

正答:2

1.○:治療と仕事の両立支援を行うに当たっての留意事項の説明として適切である。(P3)

2.×:事業者が労働者の長期の休業が必要と判断した場合、休業開始前の対応・休業中のフォローアップは事業者が行う。(P6)

3.○:両立支援の検討に必要な情報として適切である。(P6)他にも「退院後又は通院治療中の就業継続の可否に関する意見」「望ましい就業上の措置に関する意見」などがある。

4.○:産業医もしくは労働者数が50人未満の事業場で労働者の健康管理を行う医師、又は保健師、看護師等の産業保健スタッフがいない場合には、労働者本人の同意を得た上で、人事労務担当者等が主治医からさらに必要な情報を収集することもできる。(P7)

問35

クライエント中心療法に関する問題です。

正答:3

1.○:人間には生まれつき自らを維持し、強化し、実現する傾向と力を備えているとし、これを実現傾向(actualizing tendency)と呼んだ。

2.○:カウンセラーの基本的態度の「共感的理解」の説明として適切である。(木村/5訂版:P43、6訂版:P110、宮城:P121)

3.×:ロジャーズは直接的指示命令ではクライエントの行動変容は一時的なものであり、真の問題解決につながらないと考えている。(宮城:P118)

4.○:「実現傾向」が最大限に発揮された状態が「十分に機能する人間」とよび、来談者中心療法が目指す目標とした。

クライエント中心療法と来談者中心療法とクライエントセンタード・アプローチ、パーソン・センタードアプローチはどれも同じなんやで!

問36

グループアプローチに関する問題です。

正答:2

1.×:選択肢は、サイコドラマではなく、Tグループの説明。(臨床心理事典

2.○:選択肢のとおり。自助グループともいう。(厚生労働省 e-ヘルスネット

3.×:何をするかをメンバーが決めるのではなく、メンバーの属性や心理的状況に合わせ、リーダーやスタッフが考える。(資料シリーズNo.165P121)

4.×:選択肢は、Tグループではなく、サイコドラマの説明。サイコドラマは、モレノにより創設された。

【キャリコン】モレノのサイコドラマ【心理劇とは?】
第15回キャリアコンサルタント学科試験にグループアプローチの設問としてモレノ(Moreno,J.L.)の問題が出題されました。 マクレランドに続き『これ誰?』状態になった方も多かったかと思います。 今後の試験でも出題される可能性...

問37

ジョブ・カードに関する問題です。

参考:ジョブ・カード制度総合サイト(厚生労働省)

正答:3

1.○:選択肢のとおり。自分の能力や職業意識を整理でき、職業人生設計を容易にする。

2.○:選択肢のとおり。資格以外の自己PRポイントが明確になり、求職時の職業能力の証明を容易とする。

3.×:求人への応募書類としてそのまま及び修正加工して、応募書類として利用できるが、どの企業にも利用できる訳ではない。

4.○:選択肢のとおり。目標・職業能力開発の必要性が明確になり、職業能力開発の効果を高めることが期待できる。

【キャリコン】ジョブ・カードについて【ピンポイントで学習】
自己理解や仕事理解を深めるためのツールであるジョブ・カードですが、色んなことに対応ができるツールとなっているため、活用法や対象者を理解することで、論述や口頭試問でも使えるのではないかと思います。 本記事では、そんなジョブ・カードについ...

問38

キャリアコンサルティングに関する問題です。

正答:3

1.×:スーパービジョンではなく、事例検討会の説明。(キャリア支援におけるスーパービジョン概念の検討に係る参考資料(厚生労働省) )

2.×:選択肢は、コンサルティングではなく、コンサルテーションの説明。コンサルテーションとは、異なる分野の専門家への照会のこと。(キャリアコンサルティング―その過去、現在、未来―周 第4回(一般財団法人日本職業協会)

3.〇:選択肢のとおり。リファーに関して最も重要なポイントは、キャリアコンサルタント倫理綱領第8条に記載。

4.×:選択肢は、スーパービジョンの説明。

【キャリコン】リファーについて【倫理綱領第8条がポイント】
リファーに関する問題は、これまでのキャリアコンサルタント学科試験でも割と出題されています。 難易度はそれほど高くはないのですが、引っ掛け的な問題も出題されているので、しっかり把握しておくとより盤石かと思われます。 本記事では、そ...
【キャリコン】スーパービジョンについて【スーパーバイザーとは?】
キャリアコンサルタントの自己研鑽として、スーパービジョンがあります。 スーパービジョンに関するキャリアコンサルタント学科試験での出題は、たまにあるという感じで難易度もそれほど高くない印象ですが、どの様な事か把握しておくとより正答への精...

問39

目標設定に関する問題です。

正答:4

1.〇:選択肢のとおり。目標設定のステップにおいて、お互いに確認することが必要である。(5訂版:P288、6訂版:P379)

2.〇:選択肢のとおり。(5訂版:P288、6訂版:P380)

3.〇:選択肢のとおり。(5訂版:P286、6訂版:P379)

4.×:目標設定をする過程では、自分の経験や技量は十分か自問し、このケースを扱えるか検討する必要がある。(5訂版:P288、6訂版:P381)

問40

アセスメントツール 一般職業適正検査(GATB)に関する問題です。

正答:2

1.〇:選択肢のとおり。

2.×:[進路指導・職業指導用]は、個人の理解や適職領域の探索等、望ましい職業選択を行うための情報を提供することを目的として作成されたものであり、個人の進学や就職の合格可能性を示すものではない。

3.〇:選択肢のとおり。企業内の雇用管理のいろいろな場面で利用していただくことを目的として研究・開発され、一人ひとり異なる能力と職業との適合性(マッチング)を客観的に測定する科学的用具として、活用されている。

4.〇:選択肢のとおり。

一般職業適正検査(GATB)は頻出のアセスメントツールやから要チェックやで

【キャリコン】GATBとは?頻出アセスメントツール対策のポイント
厚生労働省編 一般職業適性検査(GATB)は『自己理解と職業理解』を深めるために活用できるアセスメントツールの一つになり学科試験でも頻出となっています。 またロープレの口頭試問や論述にも使えるツールになりますので、ポイントを抑えておき...

問41~問50の解説へ

タイトルとURLをコピーしました