» キャリコン【19回受験生専用】情報&交流広場がOPENしました! «

【キャリコン】キャリア形成及び教育並びに普及活動について

倫理綱領

キャリア形成及びキャリアコンサルティングに関する教育並びに普及活動のジャンルは、これまでにも何度か出題れていて、難易度はそれほど高くありませんが、馴染みのないワードが出ると戸惑うこともあります。

本記事では、そんなキャリア形成及びキャリアコンサルティングに関する教育並びに普及活動について過去問の傾向からポイントをまとめています。

教育とキャリア形成の支援

キャリア形成の支援においては、生徒・学生を社会・職業に円滑に移行させるとともに、移行後も、学習活動を通じて、生涯にわたりそれぞれの社会人・職業人としてのキャリア形成を支援していくことが重要となっています。学校教育のみで完成するものではなく、生涯学習の観点を踏まえた教育の在り方を考える必要があります。

また大学におけるキャリア教育は、単に卒業時点の就職を目指すものではなく、生涯を通じた持続的な就業力の育成を目指し、豊かな人間形成と人生設計に資することを目的として行われるものとなっています。

企業でのキャリア形成の支援

企業におけるセルフ・キャリアドックの実施は、企業としての人材活用目標と従業員一人ひとりのキャリア目標とを調整し、企業の活力・生産性向上と従業員のキャリア充実を両立することにつながります。

また職場の人間関係は、従業員が抱えるストレスに影響を与えるとされているため、従業員のつながりをつくる活動を提案することも有効となります。

目標管理制度の面談をキャリアコンサルタントの役割とするという問題が出題されたことがありますが、目標管理制度は、個別またはグルーブごとに目標を設定し、それに対する達成度合いで評価を決める制度になるので、その面談はキャリアコンサルタントの役割とは言えません。

目標管理制度は、MBOって言われててManagement by Objectivesの略なんやで!(ドヤ)

キャリアコンサルティングの普及活動

企業におけるキャリアコンサルティングの普及と情報提供には、社内ネットによって従業員がキャリア情報に自由にアクセスできることが有効な方策となっています。

まとめ

第15回学科試験で、出題されましたが目標管理制度に関する問題は知っておけば正解が取れるので記述しておきました。

見慣れないワードが出題されると戸惑うのでさくっと見慣れておきましょう。

キャリア形成及びキャリアコンサルティングに関する教育並びに普及活動についての練習問題が下記になりますので、隙間時間等に挑戦してみてください。

【キャリコン】教育並びに普及活動の試験対策『◯✕練習問題』
教育並びに普及活動に関する◯✕練習問題になります。 本記事の問題はキャリアコンサルタントの試験対策用に作っていますので、 全過去問の傾向 今後の学校におけるキャリア教育・職業教育の在り方について 等を主に...
タイトルとURLをコピーしました