» NEW! 第26回受験生向け『過去問解説』キャリスタ有料会員のお申し込み受付中! «

【キャリコン】外国人雇用状況の届出の試験対策『◯✕練習問題』

労働市場編

外国人雇用状況に関する◯✕練習問題になります。

本記事の問題はキャリアコンサルタントの試験対策用に作っていますので、

  • 全過去問の傾向
  • 「外国人雇用状況」の届出状況まとめ

を主に参考にしているのと、問は随時追加していこうと思っています。

では◯✕練習問題スタートです。

外国人雇用状況の試験対策◯✕練習問題

問題文をクリックすると答えと解説が出ます。

問1

◯:正しい。初の200万人超えとなった。

問2

✕:事業所規模別の割合をみると「30人未満」規模の事業所が最も多い。

問3

✕:国籍別にみるとベトナムが最も多く25.3%を占める。次いで中国(19.4%)フィリピン(11.1%)の順になっている。

問4

✕:すべての事業主に対して、外国人労働者の雇入れ・離職時に、氏名、在留資格、在留期間などを確認し、厚生労働大臣(ハローワーク)へ届け出ることを義務付けられている。

問5

✕:在留資格別にみると「身分に基づく在留資格」が外国人労働者数全体の30.1%を占め、次いで「専門的・技術的分野の在留資格」29.1%となっている。

外国雇用状況は各統計の1位を覚えるのが大事そうやな!

関連ページ

外国人雇用状況の届出ついてまとめた記事が下記になります。

【キャリコン】外国人雇用状況の届出(令和5年)ポイントまとめ
本記事では、「外国人雇用状況」の届出状況(令和5年10月末現在)【本文】の資料のポイントをまとめています。 外国人雇用状況の届出制度の概要 平成19年10月1日から、すべての事業主に対して、外国人労働者の雇入れ・離職時に、氏名、在留資格、在...

コメント

タイトルとURLをコピーしました