» キャリコン【19回受験生専用】情報&交流広場がOPENしました! «

【CDP】キャリア・デベロップメントとは?【ピンポイントで学習】

企業におけるキャリア形成支援

CDP(キャリア・デベロップメント)は人事管理及び労務管理の知識というジャンルになります。

出題率はぼちぼちですが、意味が分かっていないと解けないのでCDPという言葉の意味は抑えておきたい所です。

本記事では、そんなCDPについて過去問の傾向からポイントをまとめています。

CDP(キャリア・デベロップメント)とは?

CDP(キャリア・デベロップメント)とは、個々(幹部候補などに限らず様々な)の従業員のキャリア形成を支援していくための仕組みになります。個人の適性・希望を考慮しつつ、教育研修や配属先を決定して、従業員の能力・職務開発を進めるための中長期的なプログラムになります。

また、キャリア開発は、多くの場合、教育・研修制度とジョブローテーションなどの異動・配置制度を組み合わせたCDPと呼ばれる諸施策によって実施されています。

CDPの目的

CDPを行う目的には、

  • 社員のモチベーション向上
  • 企業の長期的戦略に必要な人材育成
  • 社員の意向を踏まえた社内人材の流動化の促進
  • 社員の自立性・主体性

の向上などがあります。

まとめ

企業が、従業員個人のことを考えて中長期的(長期的)に能力・職務開発を進めるためのプログラムという感じですね。

言葉さえ覚えると、過去問は一般的な知識で解ける内容かと思います。

CDPについて作成した練習問題が下記になりますので挑戦してみてください。

【キャリコン】キャリアデベロップメントの試験対策『◯✕練習問題』
キャリア・デベロップメントに関する◯✕練習問題になります。 本記事の問題はキャリアコンサルタントの試験対策用に作っていますので、 全過去問の傾向 を主に参考にしているのと、問は随時追加していこうと思っています。...

コメント

タイトルとURLをコピーしました