» キャリコン【19回受験生専用】情報&交流広場がOPENしました! «

【キャリコン】自己啓発の支援ポイントまとめ【啓発的経験の意味】

自己啓発の支援

自己啓発に関連する問題は、能力開発基本調査等の統計からの出題が多くなっていますが、キャリアコンサルタントにより支援として出題されることもあります。

また、論述や実技でも活かせる内容になっているので、基本的な知識として抑えておきたい項目になります。

本記事では、自己啓発の支援啓発的経験についてポイントをまとめています。

自己啓発の支援と啓発的経験

啓発的経験とは、意思決定を行う前に、実際の体験を伴った自己理解、社会理解、職業理解に役立つ経験のことになります。

キャリアコンサルタントは、インターンシップ職場見学職業訓練トライアル雇用等で職業体験をする意義や目的をクライエント自らが理解できるように自己啓発の支援を行い、その実行を助言します。

また、相談者が啓発的経験を自身の働く意味・意義の理解や職業選択の材料とすることができるように助言します。

主な啓発的経験

  • インターンシップ
  • 職場見学
  • 職業訓練
  • ボランティア活動
  • 身近な人の職業調べ
  • 身近な人の職場訪問
  • ジョブシャドウイング
  • アントレプレナーシップにかかわる体験活動
  • 商業・商人体験
  • 農業体験

等があります。いろいろな経験を通して、自己の適性や興味などを確かめたり、具体的な進路情報の獲得に役立つ諸経験の総称が啓発的経験になります。

職場見学も啓発的経験に含まれるんやな!

まとめ

自己啓発の支援についてまとめていきましたが、啓発的経験の必要性がよく分かった気がします。

意思決定を行う前の体験だということが、ひとつのポイントとなっています。

キャリアコンサルタント学科試験では、かなり曖昧な表現で引っ掛け問題の様に出題されることもあるので要注意です。

自己啓発の支援についての試験対策用、練習問題が下記になりますので挑戦してみてください。

【キャリコン】自己啓発の支援の試験対策『◯✕練習問題』
自己啓発の支援に関する◯✕練習問題になります。 本記事の問題はキャリアコンサルタントの試験対策用に作っていますので、 全過去問の傾向 厚生労働省 啓発的経験 等を主に参考にしているのと、問は随時追加してい...
タイトルとURLをコピーしました