» キャリコン【19回受験生専用】情報&交流広場がOPENしました! «

第10次職業能力開発基本計画【計画のねらいと経済社会の変化と課題】

職業能力開発・リカレント教育

キャリアコンサルタント試験の職業能力開発の過去問を見ると、第10次職業能力開発基本計画からそこそこ出題されています。特に問1ではよく出題されているので、よいスタートを切るためにもしっかり学習しておきたいポイントになります。

この記事では、そんな第10次職業能力開発基本計画の第1部の総括第2部の職業能力開発をめぐる経済社会の変化と課題について過去問の傾向から抜粋しまとめています。

この計画が平成28年から32年までが対象期間となっているため、統計データ等の数字に関する部分は各年ごとに変化するので除外しています。

第10次職業能力開発基本計画とねらい

グローバル化の進展や、従来のIT技術にとどまらないIoT(モノのデジタル化・ネットワーク化)、ロボット、ビッグデータ解析、AI(人工知能)等の技術進歩、さらに経済のサービス化による産業構造の変化インバウンド増加等による国際化、今後見込まれる急速な人口減少等を背景に、ビジネス環境、就業環境は加速度を増して変化しています。

そんな中で、日本経済を持続的な成長軌道に乗せるためにも、一人一人の働く者の付加価値創出力を高めることによる生産性向上の取組が不可欠になります。

第10次職業能力開発基本計画は「生産性向上に向けた人材育成戦略」として位置付けられる計画で、対象期間は平成28年度から平成32年度までの5年間となっています。

平成32年てことは、令和2年てことか。

経済社会の変化と課題

近年の労働市場の変化と課題

雇用情勢は着実に改善してきているが、建設業、運輸業・郵便業、医療・福祉、卸売業・小売業、宿泊業・飲食サービス業等での人手不足感は強くなっています。

雇用情勢が改善する時期は賃金上昇を伴う自発的な転職が増えることになります。このためにも、職業能力の開発、向上の機会を的確に提供していくことが重要となっています。

労働需要側の構造的な変化と課題

農林漁業等の第1次産業及び建設業や製造業等の第2次産業から、サービス業等の第3次産業へと比重が移ってきており、経済のサービス化が進展する中、高齢化の進行を背景として、特に医療・福祉においては、就業者の割合が高まってきています。

IT技術の進展が労働需要に及ぼす影響として、定型的な作業が多い職種の労働需要が減る一方、技術に代替されない職種の需要が高まることが予想されています。

また労働生産性分析で注目されている無形資産は、

  1. ソフトウェア等の「情報化資産」
  2. R&D(研究開発)等の「革新的資産」
  3. 人的資本投資等の「経済的競争能力」

3つで構成されています。

そんな中、我が国では「企業が行う人的資本投資」が主要国と比較して少なく、また、その投資割合も低下傾向にあることが指摘されており、将来の発展の基礎となる人的資本の蓄積がなされていないことが懸念されています。

労働供給側の構造的な変化と課題

少子高齢化の進展に伴って、人口は減少に減少局面に入っているため、労働者の平均勤続年数は男女ともに長期化する傾向にあります。そんな中、女性の潜在的な労働力率と現実の就業率にはギャップがみられるため、女性の活躍を促進する取組が不十分であることが指摘されています。

また経営の不確実性の増大やIT等の技術進歩を背景として労働需要側では非正規雇用労働者の活用が進む中、労働供給側においても自らの生活スタイルに合わせた働き方としてパート等の非正規雇用を望む者がいることから、長期的にみて非正規雇用労働者数は増加しています。ニート数の推移をみると、足下では景気回復の影響を受けてやや減少しています。

障害者においては新規求職申込件数が増加しており、障害者の障害特性やニーズに応じた就職が実現できるよう、一層の環境整備が求められています。

また、労働者の自己啓発の状況を正社員・正社員以外でみると、正社員の取組割合が相対的に高くなっています。また、自己啓発に問題があると回答する者が多くなっており、理由として、

  • 仕事が忙しくて自己啓発の余裕がない
  • 費用がかかりすぎる
  • 家事・育児が忙しくて自己啓発の余裕がない

などのほか、「どのようなコースが自分の目指すキャリアに適切なのかわからない」といった意見がある。このように正社員・正社員以外ともに時間・費用による制約を問題としています。

社会と経済の動向は密接やな。

とにかく個人も企業もキャリア形成を真剣に考えていかなアカン時代になってきたってことやな。

まとめ

第10次職業能力開発基本計画についてまとめていきました、平成28年に発表されたものなので数字に関する部分、特に『労働供給側の構造的な変化と課題』に関しては、各自最新のデータにアップデートしておいた方がよいかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました