» キャリコン【19回受験生専用】情報&交流広場がOPENしました! «

【キャリコン】有効求人倍率と完全失業率まとめ【2021年3月迄】

労働市場の知識

有効求人倍率と完全失業率では通例として、前年の12月や3月までの数値が出題されています。

本記事では、そんな視点から、有効求人倍率と完全失業率の令和3年3月までの推移をまとめています。

有効求人倍率

令和2年 令和2年度 令和3年3月
有効求人倍率 1.18倍 1.10倍 1.10倍

3月正社員の有効求人倍率は0.84倍でした。令和2年平均の有効求人倍率は1.18倍で、前年に比べて0.02ポイント増加。

都道府県別の有効求人倍率(季節調整値)をみると、就業地別では、最高は福井県の1.70倍、最低は沖縄の0.76倍となっています。

引用元:一般職業紹介状況(令和3年3月分及び令和2年度分)について

完全失業率

年平均 月次(季節調整値)
2018年 2019年 2020年 2021年1月 2月 3月
完全失業率 2.4% 2.4% 2.8% 2.9% 2.9% 2.6%

主な産業別就業者を前年同月と比べると「宿泊業、飲食サービス業」「サービス業」「製造業」などが減少しました。

求職理由別に前年同月と比べると「勤め先や事業の都合による離職」10万人の増加。「自発的な離職(自己都合)」が1万人の減少。「新たに求職」が12万人の増加しました。

完全失業率は月次で、2%後半(3%を切る)で推移していることが分かります。

まとめ

出題されるかどうかは分かりませんが、キャリアコンサルタントとしては気になるポイントになるかと思いますのでまとめておきました。

タイトルとURLをコピーしました